タウンプラン TOWN PLAN

Safety & Green

この街で暮らすことが安心につながる
そんな街づくりにこだわりました

スマートハイムシティ尾道西藤 タウンプラン
※全体区画図は計画段階の図面を基に描いたもので、
実際とは異なる場合があります。
  • 安全と機能性に配慮した道路計画

    自動車のスピード抑制と事故防止のため、道路の直線距離が長くなりすぎないように、また十字路をつくらないように計画しています。街の入口は、2号線と松永バイパスをつなぐ福山尾道線から。安全に配慮し、北端と南東に歩行者用の通路を設けました。

  • 多彩なバリエーションの区画設定

    フラットな整形敷地を中心に、面積165㎡~222㎡、南入・北入・東入・南西入など多彩な区画バリエーションを設定。その中で角地を全体の36%、2面以上の開放区画を44%確保し、日照・通風・採光性能の高い区割計画としました。

  • 街の入口にシンボル公園を配置

    街の入口正面に約300㎡の公園を設けました。高さ4mの11本のケヤキが、街のシンボルとなるゆたかな緑の風景を創りだします。公園にはスイング遊具や水飲み場のほか、防災パーゴラや防災かまどベンチを設け、万一の時のための減災機能をもたせています。

    街の入口にシンボル公園を配置 街の入口にシンボル公園を配置
  • LED防犯灯
    LED防犯灯

    カメラ付防犯灯でタウンセキュリティ

    公園の入口や外部から街につながる部分に、AIカメラ付のLED防犯灯を設置。街全体の安全性を高めます。蓄電池を搭載したソーラー外灯で、停電時にも安心。異常(変化)を認識して撮影するAIカメラなのでプライバシーも守れます。

  • 沿道景観を演出するテーマ植栽

    各区画にシンボルツリー1本、サブツリー2本以上を植栽するものとし、緑量の多い街の景観づくりに取り組みます。街の景観ポイントとなる区画の植栽ルールを設定。また、通りごとに花の咲く樹種を揃え、季節の移ろいを演出します。

    ヒメシャラ
    ヒメシャラ
    ハナカイドウ
    ハナカイドウ
    ヒメコブシ
    ヒメコブシ
  • 街の風景を整えるガイドライン

    全体のバランスを考えながら個々の区画の居住性能を高めるとともに、美しい街の景観づくりを目指してガイドラインを設定。建物の配置や外構植栽に一定のルールを設けることで、美しく調和した街の風景をつくり環境価値を高めていきます。